2008-07-13

Lifehacking.jp主催 Lifehack@Nagoya「GTDの力を実感する」参加だがね:感想だけ

2008-07-12 Sat. とうとう名古屋でもLifehack系, GTD系の勉強会の機会に恵まれました。いやぁ、関東、関西の盛り上がりっぷりを見ていつも臍を噛んでました。参加できてとてもうれしいです。

何故東海でこのようなイベントがないのかを考え、あるときには某T社のKA■ZENやらKA■BAN方式といったhowtoがあるから、東海にはそんな方法論は必要ないんだ!!■■連を黒幕とした国家レヴェルの陰謀だ!!とちょっと妄想めいたことも考えてみたりしました。そんな気もしますが、そんな記憶がない気もします。・・・なかったことにしましょう。オープンループと認識したら書き出します。

さて、今回のイベント参加には僕にとっていくつかの目的、調査すべき項目がありました。
  1. 今までやってきた我流GTDサイクルの無茶な点を探す比較資料を得る
  2. 自分でGTD本を読んだ解釈と、他の人の解釈との違いをリストアップする
  3. 近隣にGTDの相談相手、仲間がいるのか?いるならどれくらい?どんなスタンス?
そして最後に一番重要な
  • Lifehacking.jpのmehoriさんをストーキング
でした。

まずmehoriさんのストーキングは失敗しました。いや、いいんですが。いや、そうじゃなくて、気さくで素敵なお兄さんでした。blogの写真は損をしていると思います。個人的に。あ、いや、落ち着いていて魅力的と思われるでしょう、ええ・・・。
発表者としてもセオリー通りでした。聴衆の理解度を事前アンケートで確認してから発表資料の構成を作っていますから。そして、いきなり作業させてその流れに組み込む。テクニック満載ですね。
また、2次会では、ファシリテーターとしてもお世話していただきました。2次会なのに・・・大変ですね。僕は楽しかったのですが。

2次会と言えば、あるとき、10人中7人ほどが会話しながらメモをとっている、という状況になりました。ユビキタスキャプチャーを信条とする集団ですね。そんな風景は新鮮でした。他の集団では見たことがありません。

さて、上述した3つのチェックすべき事柄についてですが、とりあえず以下の結果になりました。
  1. 我流GTDサイクルのチェックでは「変更の必要あり」
  2. 他人との解釈の違いについては「不明」
  3. 近隣の「GTD仲間はいる」
まぁ、だからこうやって情報発信して僕もフィードバックしてみたい、と思っているわけです。ロードマップをまだ作っていないので、どこまでやるのかはサッパリなのですが。

今回イベントに参加して帰り道に考えたことは、「GTDとは何?なにをするのに役立つの?僕にとって」ということになりました。これは今回のテーマ「コントロールとパースペクティブ」のパースペクティブに対応するのだろうと考えています。

セミナーの内容については、内容の再確認と自分への適用をおこなったところで、再咀嚼をしながらまとめ記事とかかけるといいな、と思っています。


2 件のコメント:

しんりん さんのコメント...

Lightning Talk最後にやったしんりんです。私も、みんながメモするのを見て驚きました。隣のコウスケさんは、マインドマップで書いてましたので、超驚きです。
皆さんすごかったですね。刺激を受けました。これからもよろしくお願いします。

komatsuna さんのコメント...

しんりんさん、お越しくださいまして本当にありがとうございます。皆さん、本当にメモしてらっしゃいましたよね。おかげで気楽にメモ帳を開けました。

フランクリンプランナー使いであり、2次会終了時に「楽するコードのためだったらいくらでも頑張る」という話ができたのに、連絡先を伺うの忘れちゃった。と非常に悔しい思いをしていました。ブログをでっち上げてみて良かったかも。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

Related Posts: